無料お見積り・立地相談は、コチラから0120-783-164
運送業許可サイトへのリンク
運送業許可サイトへのリンク
運送業許可サイトへのリンク

再生事業者登録のメリット

廃棄物再生事業者登録制度とは、廃棄物の再生を業として営んでいる優良な

事業者を登録することによって、市町村が協力を求める体制を作り、廃棄物の減量・再生利用を促進することを目的としています。

再生事業者登録の最大のメリットは、再生事業者登録をすると、事前協議が免除になることです。

事前協議とは、他県に産業廃棄物を搬入する場合、事前に県や産廃協会に事業計画書等を提出し、協議することです。

登録の対象は、「古紙の梱包」、「金属くずの選別・加工」、「空き瓶の選別」「廃プラスチック類の加工」、「がれき類の加工」等です。

再生できない廃棄物は、登録できません。

収集運搬のみを業としている場合は、登録できません。

申請窓口は、全て都道府県です。

中間処理許可との違い?

この登録は、一般廃棄物中間処理業許可、産業廃棄物中間処理業許可等に代わるものではありません。

登録はあくまで事業者の任意です。

空き缶、空き瓶、古紙、古着等は、専ら物です。

専ら物の再生のみを行う専ら物業者は、中間処理の許可はいりません。

専ら物でない廃プラスチック類やがれき類を再生するには、中間処理の

許可が必要です。規模等により設置許可も必要です。

 

登録要件

登録要件は、都道府県により要件が違います。

東京都、埼玉県等は、中間処理の許可が登録の要件ではありません。

千葉県、茨城県は中間処理の許可の取得が登録の要件です。

1年以上の再生の実積が要件の自治体もあります。

東京都の要件

① 廃棄物の再生を業とする。

② 事業場が東京都内にある。

③ 廃棄物の飛散、流出、地下浸透、悪臭発生の恐れが保管施設を有する。

④ 都民の健康と安全を確保する環境に関する条例に適合している。

  廃棄物の再生に適する施設を有している。

 ・古紙の再生:選別した古紙を輸送に適するように圧縮し、梱包する施設

 ・金属くずの再生:選別機、アルミ選別機、風力選別機、慣性選別機

  ふるい選別機等の再生の目的となる金属を適正選別する施設及び再生

  の目的となる金属を含む廃棄物を切断、破砕、圧縮等の加工をする施設

 ・空き瓶等の再生:カレットを色別に適正に選別する施設及びカレットか

  ら不純物を除去する施設並びにリターナブル瓶を選別する施設

 ・古繊維の再生:選別した古繊維をウエストとして利用するために裁断

  する施設

⑤ 再生品の運搬に適するフォークリフト等の運搬施設を有する。

⑥ 事業を的確に、かつ継続して行うに足る経済的基礎を有する。

⑦ その他、事業を適正に行うことができること。

⑧ 役員及び株主等欠格要件に該当しないこと。

 

申請書類(東京都)

1 定款の写し

2 履歴事項全部証明書

3 事業計画の概要

4 処理フロー図

5 施設の写真及び位置図、平面図、立面図、断面図、構造図等

6 土地、建物:登記事項証明書:賃貸借契約書の写し

  車両、重機類:自動車検査証、特定自主検査記録表等

7 業務経歴

8 直近3年の各事業年度における貸借対照表、損益計算書

  直近3年度分の法人税納税証明書(その1)

9    欠格条項に該当していない者である旨の誓約書

 

手続きフロー(東京都)

申請

内容審査

現地審査

適合

登録証明書