無料お見積り・立地相談は、コチラから0120-783-164
運送業許可サイトへのリンク
運送業許可サイトへのリンク
運送業許可サイトへのリンク

産業廃棄物中間処理許可のポイント

中間処理とは?

中間処理とは、廃棄物を物理的、化学的又は生物学的な手段により、形態、外観、内容等について変化させ、最終廃棄物を減容化、減量化、無害化、

安定化することです。

リサイクルできない廃棄物及び残渣物は、最終処分場に搬入します。

再生品の原料や廃棄物発電の燃料として、産業廃棄物が利用されています。

中間処理の目的は、2つあります。

①最終処分場の埋立量の削減と、環境への悪影響の低減。

②廃棄物の再資源化です。

国内の最終処分場は、不足しています。

いかに最終廃棄物を減らすかにかかっています。

増々中間処理の役割が重要になってきました。リサイクル率の向上が急務になってきました。

処理費の高騰に伴い、中間処理業に進出する企業が増えています。

積替え保管では、処理費が負担になることが多いので、中間処理業に

進出する企業があります。

ゼロエミッションとは、「ある産業で排出した廃棄物を他の産業で原材料

として使用することで、業界全体として廃棄物の自然界への放出をゼロに

すること」中間処理は、ゼロエミッションに直結する工程です。

保管上限は、処理能力の14倍です。

許可制度

許可は、2段階に分かれています。

一つは、施設の設置許可です。

廃棄物処理施設の設置に関する許可です。

二つめは、業の許可です。

廃棄物処理業を営むための許可です。

業の許可は、廃棄物収集運搬業と廃棄物処分業の許可に分かれます。

処分を業とする場合でも自ら処分を行う場合でも、廃棄物を行おう

とする事業者は、計画している廃棄物処理施設について、法に定める

基準に従い事前に設置許可を申請しなければなりません。

設置許可が、必要な施設は、廃棄物処理施行令第7条各号に定めれて

います。

施設設置許可申請⇨設置許可⇨業の許可申請⇨業の許可⇨営業開始

自社処理でなくても許可が不要なケースがあります。

それは専ら物の処理です。

もっぱら再生利用の目的となる産業廃棄物を収集運搬や処理を業として

行うときは、許可は不要です。

専ら物は、古紙、くず鉄、空き瓶、古繊維が該当します。

中間処理の種類

中間処理の種類は、多くあります。

主たる中間処理の方法です。

① 焼却   燃え殻にして減量・減容・無害化(感染性産業廃棄物)

② 破砕   減容化してリサイクルしやすくする

③ 圧縮・梱包  減容化

④ 切断 減容化 鉄スクラップ等を切断します

⑤ 溶融  減容化 無害化(感染性産業廃棄物) リサイクルでき

                    る。

⑥ 圧縮減容 RPF(固形燃料)が作られます

⑦ ろ過      不純物をろ過してリサイクルします 廃食用油等

⑧ 中和  無害化 安定化 廃酸・廃アルカリ等が多い

⑨ 油水分離 無害化 安定化 廃油等が多い

⑩ 脱水  水分を抜いて減容化します  再生土ができます

⑪ 造粒固化 再生土(ユニソイル)が作られます

⑫ 天日乾燥 水分を抜くことにより、再生土が作られます

⑬ 発醗    肥料等がつくられます  

⑭ 薬液固化 減容化 無害化

⑮ 選別  廃棄物と有価物に分けます再資源化します

設置許可が必要な施設一覧

おおむね処理能力が大きく、環境に著しい悪影響を及ぼす恐れがある施設は、設置許可が必要です。

廃棄物処理施設の設置に当たり、都市計画審議会の許可を必要とするなど、

廃棄物処理法だけでなく都市計画法や建築基準法による規制についても対処

する必要があります。

設置許可の必要な施設は、①~⑭の施設です。

① 汚泥の脱水施設:処理能力10㎥/日超

② 汚泥の乾燥施設:天日乾燥以外処理能力10㎥/日超

        天日乾燥  処理能力100㎥/日超

③ 汚泥の焼却施設:次のいずれか

        イ 処理能力5㎥/日超

        ロ 処理能力200㎏/時間以上

        ハ 火格子面積2㎡以上

④ 廃油の油水分離施設 処理能力10㎥/日超

⑤ 廃油の焼却施設:次のいずれかに該当するもの

        イ 処理能力1㎥/日超

        ロ 処理能力200㎏/時間以上

        ハ 火格子2㎡以上

⑥ 廃酸又は廃アルカリの中和施設:処理能力50㎡/日超

⑦ 廃プラスチック類の破砕施設:処理能力5t/日超

⑧ 廃プラスチック類の焼却施設:次のいずれかに該当

         イ 処理能力100㎏/日超

         ロ 火格子面積2㎡以上

⑧の2 木くず又はがれき類の破砕施設:処理能力5t/日超

⑨ ダイオキシン類を含む汚泥の固形化施設:全てのもの

⑩ 水銀又はその化合物を含む汚泥の煤約施設:全てのもの

⑪ 汚泥、廃酸又は廃アルカリに含まれるシアン化合物の分解施設

         :全てのもの

⑪の2 廃石綿等又は石綿含有産業廃棄物の溶融施設

         :全てのもの

⑫ PBC汚染物又はPCB処理物の分解施設

         :全てのもの

⑫の2 廃PCB等又はPCB処理物の焼却施設

         :全てのもの

⑬ PCB汚染物等又はPCB処理物の洗浄施設又は分離施設

         :全てのもの

⑬の2 産業廃棄物の焼却施設:次のいずかに該当するもの

         イ 処理能力 200㎏/時間以上

         ロ 火格子面積2㎡以上

⑭ 最終処分:全てのもの

 

事前協議制度

中間処理許可の大きな特徴は、事前協議制度です。

千葉県等は、事前協議があります。

事前協議が許可申請の大きな山場です。

特に施設の近隣住民との同意等が、一番の難関です。

廃棄物清掃法、環境法令、都市計画法、建築基準法、条例等が審査対象

です。県の関係各課だけでなく市町村の関係各課とも協議しなければならないこともあります。

事前協議制度のある自治体は多くあります。

事前協議が終了しないと業の許可も申請できません。

 ① 目的

産業廃棄物処理施設の設置に関し、「各県廃棄物処理施設等の事前協議等

に関する規程」に基づき、知事と協議することが規定されています。

事前協議制度は、廃棄物処理法の事前審査等の必要事項を定め、地域理解

の促進及び周辺の施設について適正な配慮を図ることを目的としています。

② 事前協議が必要な場合

産業廃棄物処理施設を新設、譲受け、借受け、施設の構造や規模を変更したり、処理する廃棄物の品目追加する場合は、事前協議が必要な自治体があります。

中間処理施設の立地

埼玉県等は、近隣住民の同意が、許可要件です。

だから工業専用地域は、埼玉県等は、同意免除なので、一番の問題をクリアーできます。

交通の便の良く、マーケットが大きく、なおかつ需要のある地域を選ぶことが先決です。用途地域があり、建築の用途制限がありますので、リサーチが必須です。事務管理棟が必須な自治体もあります。建築基準法、都市計画法に抵触しますと、開発許可も必要になることもあります。

市街化調整地域は、事務管理棟など建築が容易でないことが多い地域です。

がれき類等の破砕施設は、市街化調整地域では、容易ではありません。

破砕施設が、第一種特定工作物に該当するからです。

近隣住民の同意も問題になることが多い地域です。

千葉県等は、施設近隣に学校、病院等公共施設が

あると事前協議で問題になります。

準工業地域でも、港湾に面していますと、港湾法

で産業廃棄物施設が設置できません。

条例で様々な規制があることもあります。

例えば、文化財保護法、緑地保全法等です。

同意の用件

① 東京都(八王子市除く) 同意は許可要件でない。

② 埼玉県 工業専用地域:同意免除

      他の地域:隣接土地所有者の全員の同意及び施設周囲から200

      m以内の住民との3分の2以上の同意

③ 千葉県 施設周囲200m以内の住民との3分の2以上の環境保全協定の締

      結

      工業専用地域:同意の免除は無い。

④ 茨城県 工業専用地域は同意免除

      他の地域:施設周囲300m以内の住民との原則全員の同意

工場認可申請

東京都の中間処理許可申請は、特徴があります。

条例による書類を提出しなければなりません。

23区は、区に工場認可申請書を提出しなければなりません。

中間処理の破砕施設等する場合は、破砕機が特定施設に該当します。

騒音・振動規制があります。

屋外での機械の稼働等制限する自治体もあります。

 

千葉県の特例

① おおむ廃棄物の処理実積が5年以上ある場合は、行政がその実積を

  認めた時は、事前協議が免除されます。

② 自己処理の破砕処理施設で処理能力が5トン未満の場合は、事前協議が

  免除されます。

中間処理のメリット・デメリット

メリット

① 廃棄物の処分費を削減できる。

② マニフェストが出せる。

③ ブランド化できる。

 

デメリット

① 設備投資が大分かかる。

② マニフェスト管理が大変。

 

相模原市の用途地域規定

原則工業専用地域及び工業地域以外の用途地域は中間処理施設はできません。

環境アセスメント

生活環境への影響調査が適切でないと、施設の設置許可は、出ません。

廃棄物処理法に於いて、検討項目は、次の5つです。

1 大気汚染

2 水質汚濁

3 騒音

4 振動

5 悪臭

尚、土壌汚染や生物等も含まれることがります。

屋内施設のメリット

機械や保管場が屋内ですと次のメリットがあります。

① 廃棄物が雨に濡れないので、性状が安定する。

② 雨天時でも作業が可能である。

③ 廃棄物が飛散・流出しない。

④ 騒音が緩和される。

⑤ 景観がいいのでイメージがよくなる。


技術管理者、産業廃棄物処理責任者を置かなければならいケース

① 産業廃棄物処理責任者:法第15条第1項施設設置事業者(自己処理)

      は、置かなければなりません。

② 技術管理者:法第15条第1項施設設置者は、置かなければなりません。

最新廃棄物処理施設設置事前協議書の提出書類一覧 千葉県のケース

・廃棄物処理施設等設置事前協議書

・事業計画書

・処理工程図

・施設一覧表

・場内施設配置図

・施設処理能力計算書

・環境報告書

・位置図

・付近の見取図

・廃棄物処理施設の計画概要書

・公図の写し

・都市計画図

・土地利用現況図

・会社の謄本

・印鑑証明書

・土地の使用権限を証する書面

・開始資金

・生活環境影響調査報告書(15条施設のみ)

・事前協議の省略理由を示す図書(省略事由に該当する場合のみ)

 

建築基準法第51条ただし書きの許可

都市計画内では、産業廃棄物処理施設,ごみ焼却場、ごみ処理施設、汚物処理場、廃油処理施設等は、都市の中になくてはならない重要な供給処理施設

であると同時に周辺の環境に大きな影響を及ぼす恐れのあるものは、原則

都市計画においてその敷地の位地が決定しているものでなければ、新築し

、又は増築してはならない。

例外として特定行政庁が都市計画審議会を経て、その敷地の位地が都市計画上支障がないと認めて許可した場合は、新築し、又は増築することができる。周辺の交通環境、周辺の自然環境、周辺の生活環境、周辺の歴史環境

公共コスト等都市計画上支障がないことかどうか判断されます。

 

 

 

再生事業者登録と中間処理業許可

千葉県等、再生事業登録の前提条件が、中間処理業許可があることです。

以前は、中間処理業許可がなくても、再生事業登録ができましたが、改正によりできなくなりました。

再生事業登録の最大のメリットは、事前協議の免除です。

産業廃棄物を他県の中間処理場又は最終処分場に搬入する場合は、搬入

する県等と事前協議しなければならないこともあります。

 

 


電話相談は無料です!!365日 年中無休です

① この土地で中間処理許可がとれるか?

② 同意は必要か?

③ 費用はいくらかかるか?

④ 時間はどのくらいかかるか?

⑤ どこまでやってくれるのか?

⑥ 機械も紹介してくれるのか?

⑦ 書類の作成がわからない。

⑧ 環境アセスメントもやってくれるのか?

   こんな悩みありませんか?

   経験20年の行政書士がスムーズに代行取得

   お気軽にお問合せご相談ください。

無料相談は、フリーダイヤルで!!